ものもあり、また季節により体色が変わるものもある。サギのうち羽が白いダイサギ・チュウサギ・コサギ・アマサギ(アマサギは冬羽のみ)は白鷺(しらさぎ)と呼ぶことがある。 サギ科は世界に65種、日本に19種が生息する。日本では、アオサギ、ゴイサギ、ダイサギなどを見ることが出来る。日本では留鳥、冬鳥、夏鳥の種に分かれる。
    6キロバイト (749 語) - 2020年5月31日 (日) 05:41



    (出典 media.rakuten-sec.net)


    せっとくしたのに

    1 サバトラ(東京都) [CN] :2020/07/03(金) 07:30:27.98


    「50億円当選」詐欺と納得せぬ男性、警官と説得続け入金防ぐ

    特殊詐欺被害を未然に防いだとして、兵庫県警たつの署はこのほど、兵庫信用金庫太子支店(太子町鵤)に署長感謝状を贈った。
    窓口で対応した事務係長の藤田香織さん(34)は昨年10月にも被害を防いでおり、2度目のお手柄。
    田中聖児署長(59)も「防犯に関心を持っていただいて助かります」と話し、心掛けの高さをたたえた。

     たつの署によると、男性(67)は6月16日、「宝くじが当たった」と同支店を訪れ、「3億円当選」「預かり金2万円」などと表示されたスマートフォンの画面を窓口で示した。
    預かり金を振り込むよう求められた藤田さんは、すぐに詐欺と判断して振り込まないよう説得した。

     しかし男性は納得せず、自宅に届いたという「50億円当選」などと書かれた郵便物を示して依頼を続けたため、藤田さんがたつの署に連絡。警察官とともに説得を続け、入金を思いとどまらせたという。

     藤田さんは「あり得ない話だと思っても、だまされてしまう方がいる。今後も気を付けて接客したい」と話していた

    https://news.yahoo.co.jp/articles/878724cff9b063c961929c2b99078e71f065617c


    【「50億当選しました。預り金振り込んで下さい」信金職員と警官が詐欺だと説得するも男性(67)納得せず】の続きを読む


    ^ 2019年をもって夏時間を廃止。 ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく、ポルトガル語: República Federativa do Brasil)、通称ブラジルは、南アメリカに位置する連邦共和制国家。首都はブラジリア。 南米大陸で最大の面積を占め、ウルグアイ、アル
    142キロバイト (18,813 語) - 2020年6月10日 (水) 00:19



    (出典 www.asahi-s.co.jp)


    なんてことだ・・・なんてことだ・・・

    1 オリエンタル(東京都) [KW] :2020/07/01(水) 19:46:49.73


    サンパウロ(CNN) 新型コロナウイルス感染拡大が続く南米ブラジルで、今年3~5月に職を失った人は過去最多の800万人近くに上ることが分かった。

    ブラジルの地理統計院(IBGE)が30日に発表した統計によると、3~5月に新たに失業した人は780万人。このうち580万人が零細事業や家内労働などの非公式部門に集中していた。

    5月末の時点で、法律上就労が認められる14歳以上の人口に占める就業者の割合は、集計が始まった2012年以来初めて50%を割り、49.5%となった。

    雇用者数は8590万人と、昨年の同じ時期より8.3%減少。5月末時点の失業率は12.3%、失業者数は1270万人と、18年3~5月期以来の水準に落ち込んだ。

    同国の今年の国内総生産(GDP)について、ブラジル中央銀行は6.4%、国際通貨基金(IMF)は9.1%のマイナス成長になるとの見通しを示す。

    同国の新型ウイルス感染者は米国に次いで世界で2番目に多く、連日急激に増加し続けている。

    https://www.cnn.co.jp/business/35156088.html


    【ブラジル、コロナで780万人失業 無職が過半数になってしまう】の続きを読む


    コスプレ系飲食店 (メイド喫茶からのリダイレクト)
    入れ、店員がコスプレをして接客を行う飲食店である。喫茶店ないしは居酒屋などを業態とする物が多い。 特に女性店員がメイドのコスプレを行って接客する喫茶店を特にメイド喫茶あるいはメイドカフェと呼び、男性店員が執事のコスプレをして接客する飲食店を執事喫茶と呼ぶ。女性店員が男装のコスプレをして接客を行う王子喫茶やギャルソン喫茶もある。
    45キロバイト (6,842 語) - 2020年6月23日 (火) 17:17



    (出典 miraicafe-info.saiyo-kakaricho.com)


    これは許されない

    【メイドカフェ経営者「感染従業員性別年代報道するな言ったのに20代女性報道された」】の続きを読む


    emergency」等の日本語訳として、メディア等にて「非常事態」・「非常事態宣言」が使用されることがあるが、あくまでも翻訳に際しての表記の揺れであり、基本的に「緊急事態」・「緊急事態宣言」と同様の意味である。 措置には、警察・軍隊など公務員の動員、公共財の徴発、緊急命令の発布、令状によらない逮捕・家宅捜索などの
    63キロバイト (6,793 語) - 2020年6月27日 (土) 15:36



    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    最近感染者が増えてきた

    1 マレーヤマネコ(兵庫県) [US] :2020/07/01(水) 14:42:56.21


    新型コロナウイルスの新たな感染者の確認が東京都を中心に相次いでいること
    について、菅官房長官は、直ちに緊急事態宣言を出す状況にはないとする一方、
    今後、感染者が急速に増加した場合には、再び宣言を出す可能性があると
    いう認識を示しました。

    新型コロナウイルスの新たな感染者は、東京都で先月30日に54人が確認され、
    5日連続で50人を超えたほか、全国でもここ数日、100人を超えています。

    これについて、菅官房長官は午前の記者会見で濃厚接触者などに積極的に検査
    を実施している結果だとして、直ちに緊急事態宣言を出す状況にはないという
    考えを重ねて示しました。

    一方で、菅官房長官は「感染拡大防止などの取り組みを重ねてもなお、感染者
    の増加スピードが再び高まって、最悪の場合には、再び緊急事態宣言を発出
    する可能性がある」と述べました。

    そのうえで、宣言を出すかどうかは、ことし4月と同様に、新規感染者の報告数
    や、感染拡大のスピード、感染経路が不明な症例の割合、それに医療提供体制
    の状況などを踏まえ、専門家の意見を聴いて総合的に判断する考えを示しました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200701/k10012490981000.html


    【【速報】緊急事態宣言、最発令の可能性も 菅官房長官】の続きを読む


    校則(こうそく)とは、学校内部における規則のうち、特に在学生自身に関わる定めのことである。児童規則(じどうきそく)、生徒規則(せいときそく)、学生規則(がくせいきそく)などともいう。校則を定めるかどうかは学則などとは異なり各学校の事情に委ねられ形式や効力は各学校によって異なっている。 校則
    35キロバイト (5,308 語) - 2020年6月25日 (木) 23:52



    (出典 images.folk-media.com)



    ひどい

    1 風吹けば名無し :2020/06/30(火) 09:37:40.69

    6/30(火) 7:10配信
    読売新聞オンライン
     
     千葉県の県立高校1年の女子生徒が今月、頭髪の色が目立つとして繰り返し学校から注意を受け、校内で教員らによりスプレーで髪を染められる指導を受けていたことが29日、分かった。女子生徒は中学時代に髪を脱色していたという。県教育委員会は「本人の同意を得ている。適正な指導だった」としている。

     県議会文教常任委員会で、共産党の加藤英雄議員の質問に県教委が答えた。質疑などによると、学校側は5月27日、「頭髪検査を6月1日に実施する」と生徒全員に伝えた。1日に学校が再開された後、女子生徒の髪の色が目立ったため、「8日までに直すように」と指導した。

     8日には、黒染めが不十分だと改めて指導。翌9日、女性教諭2人を含む教員4人が校内で、スプレーを使って女子生徒の髪を染めた。10日にも再び黒染めが不十分だとして注意した。

     女子生徒の母親は「美容院で髪を染めるので待ってほしい」と学校側に求めていた。女子生徒はその後、欠席や遅刻を繰り返しているという。

     この学校の校則は頭髪について、「脱色や染色は禁止」と規定。県教委は「どの県立学校でも、地毛を染める指導はしない方針」としている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3b00fe0216c750eb395d9c3e0f2015b3c21a45c8


    【母親「娘の髪は美容院で、待ってください」教員「スプレープシューw」教育委員会「適切な指導だった」】の続きを読む

    このページのトップヘ