PCR検査(SARS-CoV-2核酸検出)について保険適用を認める旨連絡した。 2020年4月24日、厚生労働省は症状がない患者へのPCR検査にも公的医療保険を適用する方針を表明した。 PCR検査の実施や、検査結果の判明までに、時間がかかっている例が存在する。大阪府では5月3日時点、保健所がPCR
    175キロバイト (25,184 語) - 2020年5月11日 (月) 16:47



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    知ってた!

    1 ばーど ★ :2020/05/12(火) 11:44:10.15

    「日本はPCR検査の数が少ない」「PCR検査を拡大せよ」との批判の声が高まり、政府はPCR検査数を1日8000から1万5000に増やすとしたが、それでも実際にはなかなか増えなかった。安倍首相は5月4日の記者会見では「地域の医師会にもご協力をいただきながら、全国で20カ所、東京で12カ所のPCRセンターを設置」「東京などの大都市圏を中心に対策を徹底していきたい」と述べた。しかし、PCR検査については多くの難しい問題のあることが指摘されている。

    そこで、国立病院機構仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター長の西村秀一医師へのインタビューを行った。ウイルスセンターは国内では数少ない臨床ウイルス学の研究施設であり、全国の医療機関から依頼を受け、ウイルス分離や血清学的検査を行っている。PCR検査の現場をよく知る立場からの問題提起である。「感染者数をごまかしたいから、政府は検査しない」という話がSNSなどでは広まっている。だが、現場の話からはそうした見方とは別の厳しい現実が見えてくる。
    .
    ■特効薬がない中で、重要なのは命をつなぐ治療だ

    ――PCR検査では偽陰性(感染しているのに検出されない)、偽陽性(感染していないのに検出されてしまう)の問題があって、わかることには限界があるとおっしゃっていますね。

    検体採取の仕方がまずいと「ある」ものも「ない」ということになる。だからPCR検査をやって陰性だから安心だということにはならない。職場から「陰性の証明を持ってこいといわれた」という話があるが、そのときに陰性でも翌日に陽性になることもある。つまり、検査を受けた人にとって「陰性」という結果の使いみちはないんです。
    .
    PCRの感度が高すぎることによる弊害もあって、偽陽性の可能性もある。PCR検査は検体内のウイルスの遺伝子を対象にしている。本来の感染管理では生きているウイルスの情報が必要だが、それを得ることができないためだ。そうすると、ウイルスの死骸にたまたま触れて鼻をさわったというようなときも陽性になりうる。本当に陽性であっても、生きているウイルスではなく人に感染させない不活性ウイルスかもしれない。

    ――そうすると、陰性だったから安心して活動できる、陽性だから隔離しないといけない、という判断には使えないということですね。

    だから、PCR検査をする目的はなんですか、と問いかけたい。

    インフルエンザのように効く薬があってすぐに処方してくれるということなら、やる意味はあるでしょう。「陽性」という結果は役に立つことになる。そうではない現状ではやみくもな検査は意味がない。

    いつまでもやってくれないという話が出ているが、症状が悪化したらCTを撮ったり呼吸を見たりして肺炎の治療をきちんとやっているわけです。特効薬がない中では命をつなぐ治療が重要だ。
    .
    もしコロナだったら家族にうつしたくないから知りたいという要請はわかる。東京では院内感染が起きているので、医者が心配だというのも共感します。ただ、インフルエンザ並みに市中に感染が広がっているわけではない。全体としてコロナにかかっている人はごくわずかな中で、とりあえずコロナかどうか確認したいから検査をするということは、PCR検査に関わる資源に限りがある以上、無理な話だ。また、陰性だから安心できるというものではなく、防御はいずれにしても必要だ。
    .
    ■検査を担う技師の育成は一朝一夕にできない

    ――検査資源という意味ではどこがネックになっているんでしょうか。政府は保健所が業務過多なので、医師会と協力して地域外来・検査センターなどを増やすと言っています。

    増やしたとか増やすとかと言っているところは検体を採取するところであって、そこで検査ができるわけではない。それが送られてきて実際に検査する地方の衛生研究所がもうギリギリの状態だ。今でも人材も設備も不足しているのに、細いパイプの中に無理に大量の検体を流し込むような状況になる。特に検査技師の問題は大きい。
    .
    ――多くのメディアでは検体採取を行う保健所の話ばかりで検査の現場の話はあまり出てきません。検査をする技師には専門性と熟練が必要だそうですね。

    以下ソース先で

    5/12(火) 8:16 東洋経済オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200512-00349635-toyo-bus_all&p=1

    ★1が立った時間 2020/05/12(火) 10:29:47.71
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589246987/


    【【東洋経済】「PCR検査せよ」と叫ぶ人に知って欲しい問題 無理をすると「検査崩壊」になる】の続きを読む


    漢方薬(方剤)の名称の最後の文字には、次のようなものがある。「」が最も多く、「散」がそれに次ぎ、その他は比較的少ない。 〜:本来は煎じた液を温かいうちに服用するもの。 例:葛根湯、十味敗毒、麻黄、補中益気、六君子、人参養栄、越婢加朮、胃苓、茵蔯蒿、茵蔯五苓散 〜散:本来は生薬を粉末にしてそのまま服用するもの。
    21キロバイト (3,009 語) - 2020年4月9日 (木) 09:54



    (出典 cs.sundrug.co.jp)


    そうなの??

    1 ガーディス ★ :2020/05/11(月) 10:05:20.51

    コロナ、症例解析へ―東洋医学会
    2020年5月10日 15時5分
    時事通信社

     日本東洋医学会は10日までに、新型コロナウイルス感染症やその疑いのある患者に対し、医師が処方した葛根湯などの漢方薬や、解熱鎮痛薬などの対症療法がその後の重症化の有無とどう関連があるか調べるため、医療機関に症例の報告を呼び掛けた。

     同学会は1000例規模を集め、統計的に解析する。

     症例募集は医療機関が対象で、同感染症(疑いを含む)患者に対し、熱やせきなどを抑えるための対症療法として投与した薬の内容、受診開始から14日目までの症状の推移と、重症化(酸素投与)の有無などの情報提供を求めている。

     研究事務局の東北大病院漢方内科の高山真・准教授は「感冒症状に処方する漢方薬には抗炎症・抗ウイルス効果、免疫調整作用などが報告されているものもあり、新型コロナウイルス感染症でも一定の効果が期待できる可能性がある」と説明。その上で、漢方薬を希望する際には医師や薬剤師と相談した上で内服するよう呼び掛けた。 

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18239454/
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589148990/


    【【日本東洋医学会】「葛根湯がコロナに!?」統計的に解析】の続きを読む


    スコ、カレトラ、フォイバン、フサン、プラケニル、ストロメクトールは「有益性投与」で、アビガンは「禁忌(不可)」とされている。 ウミフェノビル(Umifenovir、アルビドルまたはアルビドール; Arbidol、アビドル; Abidol)は中国とロシアで使用されている抗インフルエンザ薬である。
    268キロバイト (33,806 語) - 2020年5月2日 (土) 00:55



    (出典 coin-innovation-media.com)


    実際どうなの?

    1 ニライカナイφ ★ :2020/05/02(土) 17:36:02.44

    ◆ 「コロナにアビガンが劇的に効いた」 患者の声にも厚労省が使わせない

    抗インフルエンザ薬「アビガン」を特効薬と断じるのは尚早だが、縋(すが)りたい罹患者も少なくあるまい。
    だがアビガン使用には“厚労省の壁”が存在していて――。

     ***

    東京都内に住む50代の会社員男性は、その効き目に思わず唸ったという。
    「40度近い熱が続いていたのに、アビガン投与の当日に効果が出たんですよ」

    劇的な“復活”を、その顛末とともに振り返るには、
    「3月末に熱っぽさを感じ、体温を測ると38・6度でした。3日間自宅隔離をしましたが、熱は下がらない。
    かかりつけの病院では、レントゲンを撮っただけで“コロナは陰性だろう”と言われ、総合病院でも、受付で“コロナの検査はできない”とあしらわれました」

    3月31日になって、
    「港区内の大学病院に電話をして症状を伝えると、診てもらえることになりました。
    レントゲン撮影やCT検査で肺炎症状が確認され、新型コロナ感染の疑いありということで、ようやくPCR検査を受けたのです」

    結果は陽性。4月に入りこの大学病院に入院しても、
    「38度以上の熱が続き、40度近い高熱で意識が朦朧としたこともありました。
    最初に投与されたのはマラリアの薬でしたが、2日間続けても、熱と下痢が治まりません。
    次に使ったHIV(エイズ)の薬も私には合わず、下痢の副作用が強く出てしまいました」

    そして、入院から5日後。
    「3番目の薬としてアビガンを投与されました。するとすぐに熱が引き、下痢も止まったのです。
    投薬初日なのに、です。最初は朝晩9錠ずつ服用しました。
    量の多さには驚かされましたけれど、症状が治まったからか、3日目からは1回4錠に減りました」

    まさしく、アビガンさまさまである。

    ■ 特例として幅広く

    投薬前にはこんなこともあった。男性が続ける。
    「副作用の説明を受けて同意書にサインする際、医師からはおもに、下痢や尿酸値の上昇といった副作用を告げられました。
    でも最大の副作用とされる催奇形性(さいきけいせい)、つまり妊婦が服用したとき、胎児に奇形が起こる危険性の説明はなかったんです」

    これから子どもを作りたい男性にも、奇形児が生まれる危険性はあるはずなのだが……。
    ともあれ、
    「ただ私は痛風持ちなので、尿酸値が上がり、見事に痛風が出てしまいました。
    こちらは別の薬で抑え、問題はありませんでしたが」

    痛風の痛みはツラいが、重症化から落命に至る可能性は薄まった。
    喜びに浸る男性は、ふと思いつく。なぜ最初からアビガンを使わなかったか――。

    「担当医に訊ねたら、“厚労省に申請していて許可が下りるのに時間がかかった”と言うんですね。
    これだけ劇的に効くのなら、多くの患者さんが使えればいいと思うんですよね」

    男性のこの思いを受け、政府関係者が解説する。
    「いまアビガン投与が可能なのは、『富士フイルム』が行う治験と各医療機関による観察研究です。
    今回の男性のようにアビガンを使う場合、適応外使用ゆえに、観察研究における倫理審査などの手続きが煩雑で、時間がかかるという側面があります。
    しかしそれよりも、厚労省は副作用を恐れるあまり、消極的になっている。
    ドイツをはじめ、海外ではどんどんアビガンを輸入して積極的に投与する流れなのですが……」

    肝心の国内でなかなか使えない現実には、“厚労省の壁”が立ちはだかっていたのだ。
    日本医科大特任教授の北村義浩氏は言う。

    「治験は96症例を集めるまで実施され、終了予定は6月末です。
    一方、感染者へのアビガン投与で軽症者の9割、重症者の6割に改善傾向がみられたとの研究結果があります。
    感染拡大がここまでの事態となったいま、効果があるのなら、厚労省は素早く、幅広く使用できるよう特例を認めてもいいのではないでしょうか」

    とりわけ、これから子どもを作る予定のない男女や重症化しそうな高齢者には、ぜひとも使うべきだろう。

    デイリー新潮 2020/4/30(木) 8:02
    https://news.yahoo.co.jp/articles/61d9fc617dea3ec6e1a16508509d76e5a77ec13f

    イメージ写真:
    (出典 wired.jp)


    ★1が立った日時:2020/05/02(土) 16:19:34.08
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1588403974/


    【「アビガンが劇的に効いた」という患者の声があるのに「副作用が怖いから使わせない」 一方、海外にはどんどん輸出】の続きを読む


    きのこの山 きのこの山きのこのやま)は、株式会社明治が1975年(昭和50年)から製造・販売しているチョコレートスナック菓子。長さ3センチメートルほどキノコ形をしており、茎がクラッカー、傘がチョコレートになっている。後続姉妹品に「たけのこの里」がある。値段はたけのこの里より安く、チョコ量が1・4倍になっている。
    14キロバイト (1,996 語) - 2020年4月1日 (水) 06:54



    (出典 prtimes.jp)


    は??

    1 風吹けば名無し :2020/04/23(木) 18:53:37.42

    ひろゆき, Hiroyuki Nishimura
    @hiroyuki_ni
    アビガンを飲もうか、飲むまいが、コロナウイルス感染者の98%の人は回復します。
    医学的に効果が立証されていないという意味では、「きのこの山」と「アビガン」は同じ効き目です。

    「きのこの山」に効果がないことも証明されてないですよね。
    https://mobile.twitter.com/hiroyuki_ni/status/1253139282715344896
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【ひろゆき「きのこの山とアビガンは同じ効き目です。コロナの感染者98%は回復します。」】の続きを読む


    (飲酒からのリダイレクト)
    (より下に書かれたケースの方が、より萎縮する) 飲酒をしない人 過去に飲酒していたが、現在は飲酒を止めている人 少量の飲酒を継続的に行っている人 大量の飲酒を継続的に行っている人 「適量」と呼ばれている少量の飲酒であっても、脳の萎縮が起こり、過去の飲酒の影響も残り続けるため、脳の萎縮という観点から見
    73キロバイト (10,991 語) - 2020年4月10日 (金) 01:47



    (出典 pbs.twimg.com)


    飲み過ぎ危険

    1 首都圏の虎 ★ :2020/04/17(金) 11:15:37.05

    (CNN) アルコールを摂取しても新型コロナウイルスから身を守ることはできず、ウイルスを除去することもできない――。感染防止対策に関する誤った情報が拡散する中、世界保健機関(WHO)がそんな勧告を出し、飲酒を控えるよう呼びかけた。各国政府に対し、飲酒量の抑制や誤った情報の拡散を防ぐ対策を促している。

    WHOの欧州支部は14日に公表したファクトシートの中で、新型コロナウイルス流行に伴う自宅待機中のアルコール摂取は、健康状態の悪化や危険な行動、精神衛生問題、暴力などにつながりかねないと警告した。

    世界中で家にこもる人が増える中、米国ではアルコール飲料を買いだめしたり、バーに出かける代わりにウェブ会議アプリの「ズーム」でパーティーを開いたりする人も増えている。

    新型コロナウイルスをめぐっては、飲酒でウイルスを殺菌できる、あるいは免疫力がつくといった誤った情報も出回った。

    これに対してWHOは、いずれも事実ではないと断言。飲みすぎれば免疫力が弱まってウイルスから身を守る能力が減退する可能性があると指摘し、もし感染した場合、飲酒が健康状態を悪化させる恐れもあるとした。

    「度数の高いエチルアルコールやエタノールを飲めばウイルスを殺菌できる」という説も間違っているとWHOは強調。アルコール度数60%以上の製品には皮膚を殺菌する効果があるものの、体内ではその仕組みははたらかないと解説している。

    その上で、「自分自身の免疫力や健康状態を損なわないよう、そして他人の健康を危険にさらすことのないよう、一切のアルコールは控えるべき」「もしも飲む場合は、酔わない程度に最小限の飲酒を心がけてほしい」と勧告している。

    2020.04.17 Fri posted at 10:55 JST
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35152523.html?ref=rss
    https://www.cnn.co.jp/storage/2020/04/17/d55d0db2db01728e9fe3d31a18ba645a/t/768/432/d/190516115333-red-wine-sto*-super-169.jpg


    【【新型ウイルス】飲酒は感染防止の役に立たず、WHOが飲みすぎに警鐘】の続きを読む

    このページのトップヘ