ウエルシア薬局 (ックドラックからのリダイレクト)
    2013年3月1日に介護事業に特化することとなった寺島薬局からドラッストア事業を譲り受けて茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、長野県の店舗数が増え、福島県が新たに編入されて東北地方に進出した。 2014年9月1日に、高田薬局(ウインダーラン)・ウエルシア関西(イレブン・ハートランドなど)・ウエルシア
    22キロバイト (3,042 語) - 2020年3月7日 (土) 00:51



    (出典 good-price.co.jp)


    これはいいアイデア

    【【朗報】薬局「マスク入荷してもジジババが並ぶからゲリラで売るぞ」】の続きを読む


    6万人である。 2010年代に生まれた類似の蔑称として「子供部屋おじさん」、および「子供部屋おさん」がある。成人し、おじさんと呼ばれる年齢になっても親元を離れない独身中年男性、および独身中年女性、いわゆる実家の子供部屋で過ごすおじさん、およびおばさんへ向けた蔑称である。2014年頃から使われ始めたとい
    10キロバイト (1,168 語) - 2020年1月3日 (金) 17:49



    (出典 photo.roomhub.jp)


    結婚できない貧しいおじさん

    1 風吹けば名無し :2020/01/10(金) 06:56:13.02

    こどおじかわいそう


    【【悲報】子供部屋おじさん必死の反撃「ワンルームおじさん」全く流行らない】の続きを読む


    イクメンとは、日本語で子育てに積極的に関与する男性を指す俗語である。顔立ちの魅力的な男性を指すイケメンが転じたもの。イケメンの語にやや遅れて2000年代から急速に普及した。 イクメンはイケメンから派生した語である。イケメンとは魅力的であることを表す俗語「イケてる」と顔立ちを指す「面」の合成語で、マ
    2キロバイト (266 語) - 2019年11月23日 (土) 03:01



    (出典 rimg.o-uccino.jp)


    奥さんがわがまま

    1 風吹けば名無し :2019/12/25(水) 09:27:49.07

    夫は子供が生まれた時から、働きながら育児も家事も手伝ってくれた、
    というより授乳以外は私よりも夫の方が負担が大きかったような気がする。
    産休育休中は私の方が子供いる時間が長いけど、買い物はまとめ買いしてくれるし、
    離乳食を作りだめしてくれるし、仕事を早めに切り上げて夕食を作ってれたりもした。
    育休が終わって仕事に復帰してからも、子供の世話や保育所への送り迎えとか積極的にやってくれて、負担も半々だ。

    こう言うと、いい旦那さんだね、と思われそうだけど、正直かなり辛い。
    何故なら育児家事の愚痴が言えないから。


    【嫁さん、激怒 「夫がなまじ献身的なせいで「私はこんな疲れてるのにお前は!」みたいな愚痴が言えない】の続きを読む


    電子レンジ(でんしレンジ、英: microwave oven)とは、電磁波(電波)により、水分を含んだ食品などを発熱させる調理機器である。 日本における「電子レンジ」という名称は、1961年(昭和36年)12月、急行電車のビュフェ(サハシ153形)で東芝の製品をテスト運用した際に、国鉄の担当者がネー
    35キロバイト (4,968 語) - 2019年8月22日 (木) 13:21



    (出典 dist.joshinweb.jp)


    真似しちゃダメ

    1 ちーたろlove&peace ★ :2019/11/28(木) 11:53:59.11

    2019/11/27

    電子レンジには入れていけないものがある。有名なものとして、卵が挙げられるだろう。中に入れて加熱し、爆発させたことがある人もいるだろう。

    実は卵以外に、ある食べ物を電子レンジに入れると、プラズマが発生し危険ということをご存知だろうか? 今、SNS上で大きな話題となっている。

    Twitterで6万リツイート

    事の発端は、あるTwitterユーザーが、卵より「さらに絶対に電子レンジに入れていけない食べ物がある」と投稿したこと。その入れてはいけないものとは、なんとフルーツのぶどう。「特に2つはNG。プラズマが発生して、ぶどうが燃える」と明かし、火災になる危険性があると注意を促した。

    このツイートは、6万件のリツート、11万6000件の「いいね」を獲得し、「ネタかと思ったらマジだった」「これは恐ろしすぎる」「プラズマって手軽に起こせるんだなぁ」など驚きのコメントが寄せられる他、「ぶどうを電子レンジで温めようと思ったことがない」などの声が挙がった。

    プラズマ発生の原因は電磁波と荷電イオン

    なぜ電子レンジにぶどうを2粒入れるとプラズマが発生するのだろうか。そのメカニズムは長年謎だったが、カナダのトレント大学の研究チームが原因を解き明かしたのだ。

    『米国科学アカデミー紀要』に寄稿された論文によると、研究チームはまず、どの程度の被害が発生するのかを調査。実際にぶどうを入れてみるとプラズマが発生した上に炎上した。その勢いは凄まじく、12台もの電子レンジが壊れたという。

    多大な損害を出しながら、研究チームはようやくその原因にたどり着く。プラズマを発生させたのは、電磁波と荷電イオン。ぶどうの小さな組織に電子レンジから発せられる電磁波が集中することで、分子が引き裂かれる際、荷電イオンが発生。このイオンが皮を伝ってぶどうに流れたのち、空気中に放出されてプラズマの光を発生させていた。

    ぶどうは電磁波を受けやすい屈折率とサイズであり、2粒入れるとエネルギーが集中するスポットが生まれるため、プラズマを発生させる可能性が高いとのこと。
    (全文はこちらへお願いします。)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191127-00010003-finders-ent

    (出典 i.imgur.com)


    【【要注意】電子レンジにぶどうを入れてはダメ!チンするとプラズマが発生するとSNSで話題に】の続きを読む


    100ショップ(ひゃくえんショップ)とは、店内の商品を原則として1点100日本円均一で販売する形態の小売店。別名「100円均一」およびそれを省略した「100均」・「百均」(ひゃっきん)と呼ばれることもある。 販売商品は、加工食品や化粧小物、食器や調理道具、乾電池などの日用品、文房具が多く、ほとん
    20キロバイト (2,870 語) - 2019年11月13日 (水) 12:38



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/11/21(木) 12:54:30.04

    日常生活に必要なものが何でもそろい、コスパも抜群な100円ショップ。「この商品がこの値段で!?」という掘り出し物、お宝アイテムがたくさんありますよね。

    ただ、そんな100円ショップにおいても、ときには買って後悔した商品もあるのではないでしょうか? 『kufura』では男女500人を対象に、“100均で買わなきゃよかったもの”をテーマにアンケート調査を実施しました。

    「100均で買って失敗したもの」男女500人に調査!安物買いの銭失いだったのは…

    ■ 電池、懐中電灯

    「乾電池。消耗するのが早い気がする」(37歳/男性/会社経営・役員)

    「電池。腐食しリモコンを買い替えることになった」(61歳/女性/主婦)

    「懐中電灯。接触不良が頻繁に起こるから」(43歳/男性/その他)

    「太陽電池のLEDライト。買ってすぐ点灯しなくなった」(72歳/女性/その他)

    『kufura』が過去に実施したアンケート“100円ショップで買ってよかった防災グッズ”では、評価の高かった電池、懐中電灯。ですが、今回のアンケートでは、「すぐに消耗する、使えなくなる」という声が多く寄せられました。

    家電専門店などで買うよりもリーズナブルですが、あくまで“一時的に使用するもの”と捉えたほうがよさそうですね。また、乾電池は機器に入れっぱなしにせず、使用推奨期限を守るようにしましょう。

    「100均で買って失敗したもの」男女500人に調査!安物買いの銭失いだったのは…

    ■ スマホ周辺アイテム

    「iPhoneの充電コード。先端がプラスチックだったのですぐに壊れた」(52歳/男性/コンピュータ関連以外の技術職)

    「スマホスタンド。強度が弱く立たせるのが大変」(38歳/男性/コンピュータ関連以外の技術職)

    「スマートフォンの画面フィルムは剥がれやすかった」(27歳/女性/学生・フリーター)

    「イヤホン。安くていいが切れやすい」(50歳/男性/その他)

    「イヤホン、音がシャカシャカ」(34歳/男性/その他)

    外出中や旅行中、スマホの電源がピンチ!……なんてときに、100円ショップで充電アイテムが買えるのはありがたいですよね。とはいえ、お値段なりに耐久性には難ありという意見が寄せられました。

    また、イヤホンやヘッドフォンに対しては、断線しやすい、音質がよくないなどのダメ出しの声が……。1,000円以上するメーカー品と同じクオリティを求めるのは無理があるのかもしれませんね。

    ■ 文房具類

    「ボールペン。途中でインクが詰まったり、書き出しが*れたりイライラすることが多い。そのようなことの無いメーカー品が100円より安価に入手できる」(72歳/男性/その他)

    「カラーペン。12本くらいのたくさんの色のペンが入っているが使って初めからインクがほとんど出ないものがあって買わなければよかったと思った」(47歳/女性/主婦)

    「ガムテープ。接着力が異常に弱い」(51歳/男性/その他)

    「瞬間接着剤。一度ふたを開けるとふたをしてても固まるから」(44歳/女性/主婦)

    「スティックのり。のりが乾くのが早くてすぐに使えなくなったことがあったから」(22歳/女性/学生・フリーター)

    「はさみ。先の部分の切れ味が悪いから」(49歳/男性/コンピュータ関連技術職)

    「穴あけパンチ。穴が空きませんでした」(71歳/男性/その他)

    「スケール(巻き尺)ですね。2、3回使っただけで壊れます」(40歳/男性/その他)

    「ホチキス。秒殺で壊れました」(52歳/女性/主婦)

    文房具のなかで特に評判が悪かったのはペン類。すぐにインクが出なくなるので、100均で買うほうが、かえってコスパが悪いおそれも……。

    その他、テープ類は粘着力が弱い、接着剤系はすぐに固まってしまうとのこと。100円ショップの文房具は長く愛用するのではなく、使い捨て感覚がちょうどいいかもしれません。

    ■ 食器、調理器具

    (中略)

    このカテゴリーでも、やはり耐久性に問題があるという声が多く寄せられました。100円ショップの食器や調理器具は、使い勝手のいい商品もたくさんありますが、過度の期待は禁物。「お試しで使ってみる」くらいの気持ちで購入するのが吉です。

    ☆記事内容を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00010000-kufura-life&p=1

    ★1が立った日時:2019/11/21(木) 05:18:17.20
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574300411/


    【【調査】「100均で買って失敗したもの」 男女500人に調査 その結果は?】の続きを読む

    このページのトップヘ