山本 太郎(やまもと たろう、1974年(昭和49年)11月24日 - )は、日本の政治家、元タレント、元俳優。政党「れいわ新選組」代表、前参議院議員(1期)。生活の党と山本太郎となかまたち共同代表兼政策審議会長、自由党共同代表兼政策審議会長などを歴任した。兵庫県宝塚市出身。
    121キロバイト (15,874 語) - 2020年6月27日 (土) 18:17



    (出典 static.tokyo-np.co.jp)


    これはいかん

    【【画像あり】 山本太郎さん 集団感染リスクを作ってしまうww】の続きを読む


    ものもあり、また季節により体色が変わるものもある。サギのうち羽が白いダイサギ・チュウサギ・コサギ・アマサギ(アマサギは冬羽のみ)は白鷺(しらさぎ)と呼ぶことがある。 サギ科は世界に65種、日本に19種が生息する。日本では、アオサギ、ゴイサギ、ダイサギなどを見ることが出来る。日本では留鳥、冬鳥、夏鳥の種に分かれる。
    6キロバイト (749 語) - 2020年5月31日 (日) 05:41



    (出典 media.rakuten-sec.net)


    せっとくしたのに

    1 サバトラ(東京都) [CN] :2020/07/03(金) 07:30:27.98


    「50億円当選」詐欺と納得せぬ男性、警官と説得続け入金防ぐ

    特殊詐欺被害を未然に防いだとして、兵庫県警たつの署はこのほど、兵庫信用金庫太子支店(太子町鵤)に署長感謝状を贈った。
    窓口で対応した事務係長の藤田香織さん(34)は昨年10月にも被害を防いでおり、2度目のお手柄。
    田中聖児署長(59)も「防犯に関心を持っていただいて助かります」と話し、心掛けの高さをたたえた。

     たつの署によると、男性(67)は6月16日、「宝くじが当たった」と同支店を訪れ、「3億円当選」「預かり金2万円」などと表示されたスマートフォンの画面を窓口で示した。
    預かり金を振り込むよう求められた藤田さんは、すぐに詐欺と判断して振り込まないよう説得した。

     しかし男性は納得せず、自宅に届いたという「50億円当選」などと書かれた郵便物を示して依頼を続けたため、藤田さんがたつの署に連絡。警察官とともに説得を続け、入金を思いとどまらせたという。

     藤田さんは「あり得ない話だと思っても、だまされてしまう方がいる。今後も気を付けて接客したい」と話していた

    https://news.yahoo.co.jp/articles/878724cff9b063c961929c2b99078e71f065617c


    【「50億当選しました。預り金振り込んで下さい」信金職員と警官が詐欺だと説得するも男性(67)納得せず】の続きを読む


    結婚(けっこん)とは、夫婦になること。婚姻(こんいん)とは、社会的に承認された夫と妻の結合である。「婚姻」は配偶関係の締結のほか配偶関係の状態をも含めて指している。本記事では「婚姻」あるいは「結婚」(英: marriage)について解説する。 「婚姻」と「結婚」 「婚姻」と「結婚
    237キロバイト (20,013 語) - 2020年6月20日 (土) 12:40



    (出典 www.blanc-beige.net)


    わからない

    1 風吹けば名無し :2020/07/02(木) 06:37:31.17

    ネット知識のせいなのか?コスパ?それとも結婚自体に興味が無いのか

    誰にもわからない…


    【【疑問】 なぜ今の若者は結婚しないのか?誰にもわからない…】の続きを読む

    このページのトップヘ